視力回復を助けるカロテンの知られざる秘密

健康生活

眠れば目の疲れがとれる。

視力も、すぐ戻る。

なんてことは、おもっていませんか? 寝てるだけじゃ目の疲れは消えてくれません。 ちゃんと必要な栄養をとって体をつくらなければ、いくら休んでも疲れはとれません。

そして、疲れに強い目をつくるのに必要なのがカロテンとルティンというビタミンなのです。 そして、このカロテンとルティンが凄いのです。 いつの間にかなくなるのが親と金。 いつの間にかたまっているのは疲れと借金とも申します。

しつこい疲れは体の中から立ち向かわなければいけません。 ちゃんと必要な栄養素を摂取して、目の疲れからおさらばしましょう。

生成できないけど元気ストック、カロテン。
カロテンとは、ひらたく言えば、600種類あると言われるカロテノイドという栄養素の一種です。 カロテン自体もさらに6種類あり、今回のお話に出てくるのは、その中のカロテンβというカロテンです。

このカロテンβ、実は、動物の体の中では生成されません。 植物が光合成をする時に使われるものでニンジン、サツマイモなどの中に多く含まれ、赤い色を出す色素の一つです。 人間や鶏の脂肪の赤黄色っぽい色も、このカロテンβが蓄積されてついた色なんです。

こんな情報を聞くと、少し身近に感じませんか? さらに、カロテンβには脂肪に色をつける以外にも大切な役割があります。 それは、人の体の中に入って、ビタミンAの一種であるレチノールに変化することです。

そして、このビタミンAが目や体の疲労回復に、かなり役立つビタミンなのですが、それではビタミンAを錠剤でとってしまえと思う人もいるかもしれませんが、

このビタミンAは脂溶性ビタミンと区分けされていて、取り過ぎてしまうと、逆に体に悪影響をもたらす場合もあるのです。

一方、カロテンβの形ならば、ビタミンAになる前の状態で体内にストックしておいて、必要な時に合成するという使い方ができるのです。そちらの方が便利ですよね。

カロテン変身、ビタミンAとは何者か。
このビタミンAの役割について、もう少し記述しましょう。 まず、視力回復、目の疲労回復などが、まっさきにあげられますね。 特に明るい場所から暗い場所に移った時の、目が暗さに慣れるまでの時間などに影響を与え、ビタミンAが不足すると、暗い所で目が見えなくなる「とり目」になる方もいらっしゃいます。

さらに、物が見えるという現象自体が網膜にあるオプシンと合体してロドプシンとなり、そのロドプシンに光りがあたり、ビタミンAに戻る変化が刺激となり視神経に伝わり、物が見えるという仕組みになっているので、ビタミンAが網膜で、ロドプシンになったり、ビタミンAになったりしてくれない事には、視力の維持も難しくなってしまいます。

また、何度もビタミンAを使っていれば枯渇してきます。視 力を維持するためには、ある一定量、ビタミンAを補給する必要がでてくるのです。 他にも、目の焦点を合わせる筋肉の疲れをとってくれたり、肌や粘膜の潤いを保ち、口内炎や歯周病を防いでくれたり、

免疫機能を助けてアトピー対策をしてくれたり、胎児の成長をたすけたりと色々な面で活躍してくれます。 私達が健康的な生活を送るためには、かかすことのできない大切なビタミンなのです。

視力の味方、ルテインの抗酸化作用
視力の事を語るのならば、カロテン以外にも述べなければならない栄養素がもう一つありあます。

それがルテインです。

ルティンも同じく、カロテノイドといわれる栄養素の中の一つです。主にニンジン、カボチャなどに含まれています。 ちなみに銀杏の葉っぱが紅葉で黄色くなるのは、この栄養素の影響です。

ルテインの働きで、特筆すべきものは抗酸化作用といえます。 目を使うと、活性酸素が発生します。この時、必要なのが抗酸化作用です。 活性酸素は強く刺激されることで、体内で酸化を起こします。 酸化が進むと、それだけ細胞の老化と損傷が進んでゆくことになるのです。

そういった活性酸素の発生を抑え、酸化を食い止めるのがルテインの持つ抗酸化作用です。 そして、ルテインが最も多くあるのが目です。目は常に光りに刺激され、活性酸素の発生も起こりやすい場所です。抗酸化作用が必要とされる場所なのです。

もしも、ルテインが足らず抗酸化作用が十分ではないと、黄斑という部分が変性してしまい、失明しかねません。 例え、失明しなかったとしても、視力の維持、強化にはルテインと、その抗酸化作用は欠かせないものだという事がおわかり頂いたと思います。

まとめ
ここまで、カロテンβとルテインの抗酸化作用について書いて参りましたが、視力への影響を感じて頂ければ嬉しいです。 カロテンβもルテインも人体の中では生成できない栄養素です。 視力というデリケートな能力を維持、強化するには、しっかりとした栄養摂取が必要となってくるのです。

また、ルテインの抗酸化作用も光にさらされている目という器官には必要なものです。 また、視力だけではなく、体中の細胞のどこでも活性酸素は発生しています。

抗酸化作用という力は、体のどの部分でも必要な力なのです。どうぞ、皆様、栄養素不足にはくれぐれもご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です